源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太関連リンク集
源太式カレンダー

源太式バイオリズム

月別推移

月別推移(新版)

朝は「コロの朝」から

投資に役立つ「Stock Station

株式情報なら「株式情報取引所




E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2021年10月27日 15時19分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2021年10月27日 11時47分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2021年10月27日 06時52分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2021年10月26日 15時11分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2021年10月26日 11時47分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 10月13日 06時48分

バブル前
不利が多い経済状況ですが、大口投資家タイプの株式が非常に堅調ですから、意外に資金
の回転は効いています。原油高などから不景気のインフレで狙うところがあっさりしてい
るというのもあるんだと思います。資源高はバブル前にも昭和の頃有りまして、特定銘柄
の日石が前場買い気配後場売り気配となって天井になったんですが、非常に派手だった記
憶があります。また、産金トリオなんて言葉もあって別子・太平山・神岡という名称で、
住友鉱山、三菱金属、三井金属が大化けした記憶もあります。

これらには是川銀蔵氏が率いる大口投資家集団が存在し、そこにかつての相場師である辰
巳旭氏率いる吉野ダラーも参戦した記憶が強いですね。そして、そこで富を得た投資家が
新たな相場師として生まれてきました。自分はその吉野の担当だったこともあって、その
あたりはもう数少ない現場を見た一人でしょう。

バブル前は不景気で資金の運用をかつての相場師などが先生になって、その情報元に多く
の信奉者が集まり、逸話で言うならば、朝証券会社に行って「君たちこの株を買いなさ
い。昼から僕が買うから」といって、本当の昼からストップ高まで買い上がった時もあり
ました。今ならばネットで情報が回るから、勝手に上がるんでしょうが。

そういう相場はもう来ないでしょうが、今がバブル前のインフレで不景気色が強いだけに
似ていたりします。

4726SBテクノロジー、3121マーチャント、2479ジェイテック


一覧へ戻る