源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2021年03月03日 15時27分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2021年03月03日 11時43分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2021年03月03日 06時52分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2021年03月02日 14時58分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2021年03月02日 11時48分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 02月22日 11時50分

運用を考える
企業大研究会は募集を終わらせていただきましたが、「上がる銘柄を教えてもらえるんですか?」という問いが多かったんですが、結果的に銘柄研究会だから議題には上がりますが、その時その時の主体によって考えられる投資先の考え方です。つまり、3月は金融機関が売るというイメージが多いですが買戻しかもしれません。どっちでも良いのですが、講義でも話すとは思いますが、何を考えるかというと「4月には運用者が動く」ということです。だから、主体者を考えて彼らがどういうタイプを目指していくかの発想を毎回考えていくということです。

先の決算発表から日経平均が1月高く、リバランスで1月末と2月頭乱れましたが、簡単に2月上がりました。しかし、決算の評価と株を先に買った流れを比較分析する時間に、外資が買い戻して上げたというならば、これは読みにくい部分で分からない先行き。つまり今後も外人が好き勝手するという流れならば、信用はし難いから、他の買い主体に合わせて考えていきますよね。

そうした時に個人投資家の動きが読めないから、4月にセットする気持ちをイメージするという風な考え方で、投資は組み上げていきます。そうした「銘柄を聞く会」ではなく、銘柄の探し方や運用の仕方、いつ仕掛けるかといった、運用の考え方の一つなんです。今日の相場も3日同じタイミングで下がっているんですよね。

1853森組、2335キューブシステム、6955FDK

一覧へ戻る