源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2021年03月03日 15時27分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2021年03月03日 11時43分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2021年03月03日 06時52分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2021年03月02日 14時58分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2021年03月02日 11時48分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 02月22日 06時50分

材料株
【2月25日配信】企業大研究会セミナー
「新たなテーマに対応すべき、新しい局面」
募集締切り:2021年2月21日(日)
http://bit.ly/3p7pA5A
いつもの調子の良い市場ならばこのまま再び上昇軌道ですが、月末月初のリバランスや業績を確かめる時間での買戻しによる上げ過ぎから、少しピッチがおかしくなっています。だから、折角大きく回転した資金が、米国のようにラッセルなどの進行に向かうべき場面で、日本株は個人が全く信用していないから、仕手的な物には進んでも、腹据えて買うには至らない「マネーゲーム」になっています。

だから、資金は相当量あってもそういう工夫が無いから、外資の買戻しや小淀の高いところだけになってしまって、一般的にはつまらない下がったものを餅ながら上がったら逃げるという後ろ向き的な商いになってしまいます。それが今日ぐらい過多克服できたらいつもの相場、そうでなかったら少し早くからの調整になって行くんでして、なんで30700円だったのかという答えを探す相場にはなかなかならないんですよね。

まあ。仕方が無いんでしょうが、自分は仕方がないから材料株と最後に上がりかけていたAI関連とか、そっち中心に見ます。

4382HEROZ、6727ワコム、5602栗本鉄鋼


一覧へ戻る