源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2020年11月27日 15時32分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2020年11月27日 11時52分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2020年11月27日 06時53分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2020年11月26日 15時20分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2020年11月26日 11時57分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 07月31日 06時53分

組み立て
カレンダー解説動画「8月号」発売中!
https://bit.ly/2S53JyT
昨日、集中力が戻り始めた市場ですが、まだまだ引け前は上がって買い戻し、下がってデイトレの投げという状況。こうした時に買うものをはじめから決める人が失敗しやすいという状況になります。初めから決める場合は、その株式がどういう動きをするのかとか、どういう展開かを考え、買いに行く時間を決めます。どうしても欲しい時は寄り付きになりますが、自己をやっていた時にはある程度の想定を立てたものです。

最初に日経平均が高いのかどうか、ずっと上がるのか下がるのか、一定水準まで落ちて上がるのか下げ渋るのか、上げ下げのパターンを考え、全部下がるのかそうではないのか、売るのか買うのか。まずはそこまで組み立ててから、その狙う株式に当てはめていくんですが、今日なんか「中には上がる」という考え方で行くのか、下がると思って売りから入るのかは人によって違うと思います。

要するに、そうした想定がないと「これが良い」と言われても、週末の不安定な市場では太刀打ちが難しく、多分自己だったら自分は売りから入る方が楽だと思ってしまいます。そうした発想から市場を見ますが、ここ最近はそうした見方が本当にいい勉強になります。

何が一番楽なのかという考えですよね。

4689Zホールディングス、3652デジタルメディアプロ、9264ポエック

一覧へ戻る