源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2019年12月16日 15時14分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年12月16日 12時03分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2019年12月16日 06時41分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2019年12月13日 15時40分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年12月13日 11時57分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 11月12日 06時59分

不満の多い日
この厄介な市場は指数は上がってもマザーズに代表される個別株の持続力が無く、一応に上がって来るから「そら見たことか」というカタリストは多いのですが、実際には過去から言っている物が水準訂正しているに過ぎません。だから、昨日なんかも品薄の上げは有っても少し大きな売り物が出たらそこから買わないような流れになります。KUDANが反発といっても前日比より安いように、上がって強いのは下値であって上値に弱いのが実態だと思います。

つまり、見た目50円高も20円位上に上がった時点で、売り物が少ない状況が多く、その状況は少し買ったら上がるが、下に売らないから上がっていますが、その一段上には中々買いが入らない状況で、売れ無い強さが非常に目立つ感じなんです。それを先では上がるとする考え方が、持たざる人を刺激してしまうので有って、無駄な買いをしてしまうから、イライラだ募るような感じなんです。

従って、一日緊張感が続かない状況は後場が非常に辛くなることが多く、最後に少しという形になるから、指数全体のイメージと最終的な個別株の位置から、見ない人は良い感じに見えるのです。そうしたギャップに苦しむ日だと思いますよ。売りたい強気で上がったら逃げたい人が多い日になります。

2229カルビー、6580ライトアップ、4762エックスネット


一覧へ戻る