源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2019年10月23日 06時43分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2019年10月21日 15時33分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年10月21日 11時57分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2019年10月21日 06時45分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2019年10月18日 14時41分: 引け後の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 10月09日 06時53分

動けない
NYの下落はある意味仕方が無く、昨日も話したように9月の上げが正しいならばバリュー投資が本格化しないとおかしいのです。ですが、市場は寄与度の高い物から上がって来るのでして、それでは少し意味が違う上げとなっていると思われます。そして、空売りの手仕舞いや個人の信用買い残の上昇から、需給も少し難しくなった模様。

ただ、根底には先が判らない米中問題とFOMCの行方で、国債を買うというFRBの判断も短期国債という話になると、またもや長短金利がという流れになってしまうし、意図とは違う解釈が市場では浮かんできます。そして、米中問題はポジティブに解釈された買いが主だから、ここで舌戦の様に展開したらまたも暗礁。こうなったら運用側としたら、一呼吸置くのは無理も無いとなります。

そして地政学的な問題もトルコやイランでややこしくなった上に、米朝がいまいち判らない展開から、韓国のそれでも北寄り姿勢は、中国による西側分断的な観測があるから、経済圏も少し問題になっています。そこにEU問題と英国の離脱というラインアップで、こうなったらもうじき始まる企業決算の行方見てからとなるのは仕方が無いでしょう。

個別も広がり過ぎたし。

6701NEC、4308Jストリーム、3778さくらインターネット


一覧へ戻る