源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2019年12月16日 15時14分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年12月16日 12時03分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2019年12月16日 06時41分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2019年12月13日 15時40分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年12月13日 11時57分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 09月11日 15時22分

日経平均チャートと位置
一目均衡表の雲抜け出したんですが、一目均衡表の雲が急に落ちたから乖離が酷いんで
す。ですから、なんか押してもおかしくはないと思うんですよね。その押すという感覚
は調整なのか下落なのかという時に、手持ちの個別株を見てしまうという風な状況。だ
から、指数と手持ちの位置が大分違う状況なんです。8月もそうでしたよね。

ですから、困ったことに指数が下がる時に8月の下落を思い出すから、非常に慎重な売買
は「やすい」と思っても機械的な動きから処分します。自分が一体何を目標するのかが
見えていない状況は、指数とは違う思っ苦しさがあるんです。書き手や発表者は、中に
上がったものを出してきて「当たった」を連呼しているから、当たったように感じます
が、根本的には、前の銘柄が引っかかったままになっています。

そこで動かないものを投げて、動くのもへと行く形になります。その投げられるものが
実は業績とかよければ狙いになると思う人もいるから面白いのですが、そのときに耐え
ている自分は持ちが部が下がるので辛いということになります。

4743アイティフォー、9380東海運、4814ネクストウェア

一覧へ戻る