源太塾

源太塾TOP | 情報取引所 | 源太チャート | 源太塾メール |
源太LIVE | 源太LIVEラジオ | 源太のとれとれTV

会員登録/ログイン

メールアドレス

パスワード

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2019年05月20日 15時26分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年05月20日 11時54分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2019年05月20日 06時51分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2019年05月17日 15時40分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年05月17日 11時57分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 05月14日 07時01分

組めない
過去がどういう展開で有っても、今は今という考えでないとこの地合いは逃げられないと思います。いや、その企業がどうとかではなく、その企業と心中するならともかく、普通に良いと思って買った株式は、たとえ薄利でも揺れて来たら先行き不明です。特に下がった時に不安に感じた株は、こういう時に不安で仕方が無いと思います。決算ギャンブルならば下げ過程ならばその前日や当日狙えば良く、それ以上に企業が信じられないという事は、理由はどうあろうが、口座守るのが先だと思います。この事を先日から行っているのですが、判らない人は多い物です。

今回の下落のシステムは週末に書いたような状況で、大きく言えなAIによって管理されたシステムによります。危険が来たら持ち玉を売るという考え方は、過去の運用の下が他tら買うという発想は無く、下がったら売りという危険回避の中から生まれるシステムから始まります。

その時に個人投資家が弱気になりやすい日本は「相場観」よりも実際の動きが重要視されて、過去の損金に拘る人は相当な痛手を今回も被ると思います。それは年末から切り返す前提が壊れたのであり、イランとEUが一致した話は、米国が実は権力を失い、韓国の行動が表しています。中国が中央アジアからEUに向かって伸びた事から、米国の動きが軽視されてしまったという風に取られるんですよね。

4875メディシノバ、4669ニッパンレンタル、6309巴工業


一覧へ戻る