源太塾

大岩川源太の投資教室 | 源太塾セミナー 情報取引所 | 源太チャート |
大岩川源太の源太塾メール | 源太LIVE | 源太のとれとれTV

会員登録/ログイン

メールアドレス

パスワード

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2019年01月21日 15時29分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年01月21日 11時52分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2019年01月21日 06時44分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2019年01月18日 15時18分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2019年01月18日 11時51分: お昼の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 01月10日 06時49分

休むも相場
止まると非常に心配になる相場は先日からの下落が非常に堪えているから。そして、その下げる速度の速さも実感しているから、根本的には怖いという恐怖心が中にあるんです。元々、投資の尺度は変わるものであるのは判っていますが、急速に変わる尺度に頭や体がついて行けないし、そういう発想は体力を消耗させて、段々投資意欲が無くなって来ます。

自分はここの場面は枠を開けてどういう展開になるのか見たいと思っています。そうした時にこの市場の欠点は、様子見は弱気と取られやすいのですが、読み難い市場で「伺う」という発想は弱気ではないんです。ですが、事実として買わないという事は「弱気」と取られても仕方が無いんです。

とにかくここは休めのスタイルで、こうした感じの市場はここから大きな変化と方向性が出るまで簡単には動けません。バイオはじめ一巡感が出る軽量級に、NYだってそこそこ上がっているから「一旦停止」だって有り得ると思います。そうした時に無理から何かやるよりも、少し休んだろ枠空けたりと、次の段階で動きやすくしておくのが自分は良いと思っています。

6489前沢工業、4814ネクストウェア、6964アクトコール


一覧へ戻る