源太塾

大岩川源太の投資教室 | 源太塾セミナー 情報取引所 | 源太チャート |
大岩川源太の源太塾メール | 源太LIVE | 源太のとれとれTV

会員登録/ログイン

メールアドレス

パスワード

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2018年11月21日 15時46分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 11時57分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 07時01分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 12時04分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 06時56分: 朝の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 11月09日 06時55分

日本企業の癖
昨日からクレディが買い始めた先物を相変わらずトレンド追随の「売り型」で推移しています。だから、どうしても上値が重く、それはデータからくる22500円の買い付いた重石を良く知っており、これを精神的につぶすような感じで動きます。それは個別で言うと「好業績株」を潰すことから将来への可能性に不安を持ってくる形になっています。

確率論ですが、今期は良いが来期に関して強気を取る企業が少ない日本は、こうした需給に置いて、世界景気的、電子部品的な企業は「不景気とは思わないが懸念がある」場合に、その動き方としたら、良くて現状維持の次期目標を設定し、予想収益とします。そして為替なども現状ではなく「最悪」を考えるから、気が付いたらマイナス予想という事が多いのです。

企業にとっては後で修正ですが、いつまでたっても下にばかり出していると、増額修正で次期予想が下となるのでして、それではまたも売られるという傾向になります。なんか、うまくやられてる気がしますよ。クレディが今日も買うと本当に変わるんですが。

3937UBICOM、7196CASA、4304Eストアー


一覧へ戻る