源太塾

大岩川源太の投資教室 | 源太塾セミナー 情報取引所 | 源太チャート |
大岩川源太の源太塾メール | 源太LIVE | 源太のとれとれTV

会員登録/ログイン

メールアドレス

パスワード

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2018年11月21日 15時46分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 11時57分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 07時01分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 12時04分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 06時56分: 朝の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 11月08日 11時53分

どこが妥当?
昨日の引け前の急落がなきゃ愚痴は言わないですが、昨日の引け前の下落見て、間違っ
た売りなんだから、NYの500$高に対して、その分をオンした位置が妥当なはずなんで
す。ですが、実際はこんな調子で非常に頭が重い感じなんです。だから、途中から材料
株に向かう動きが出たのですが、それもネットで煽りが出たら行って来いという悲しい
動きなんです。

そうしていると日産辺りが国税局から追徴金が言われたりとか、なんかたしかに高いの
ですが、なんか皆が勢いで動かず、非常にお利口な形の動き方になっています。だか
ら、自分としたら、物足りなさを感じるのでつい儲かっていたら逃げたくなってしまう
ような逃げ方をします。握力がなくなっています。

ただ、実はここの位置が常識では「底」と見られていた場面ですから、仕方がないと思
っています。だから。ここを一気に克服とは思わずに、じっくり上がるものをここで買
いに行くような感じで考えます。結果的に早ければ良いと思うんです。

2479ジェイテック、7314小田原、3937UBICOM


一覧へ戻る