源太塾

大岩川源太の投資教室 | 源太塾セミナー 情報取引所 | 源太チャート |
大岩川源太の源太塾メール | 源太LIVE | 源太のとれとれTV

会員登録/ログイン

メールアドレス

パスワード

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2018年11月21日 15時46分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 11時57分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 07時01分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 12時04分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 06時56分: 朝の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 10月11日 06時48分

あらま、びっくり!
イマイチ何があったか判り難いのですが、多くの事は蒸し返し気味なんですよね。基本は需給要因だと解釈しています。金利が下げに転じたら普通はその要因というんだから株式は戻りますが、全く戻らない動きに他のコモディティーが非常に下がっている状況見たら、IMFの一週間前の話が丁度ヘッジファンドの手仕舞いに当たるから、おかしな感じになってしまうんですよね。

この要因は少し複雑なのは、金利上昇も確かにあるんですが、シアーズなどの時代の変化について行けなかった企業ややっぱり一番大きいのは景気の難しい局面という発想で、中間選挙が非常に厄介という頭があるんでしょう。従って、日本株も「なんで」という感じで売られてきたように、いみふぁ判るような判らないような、悪いことに目をつむって来た市場が改めて下がると見つめなおすという事になります。

イタリア事情とか見てたら大分ややこしい感じですが、今始まった事でも無いし、景気だってそう。パウエルさんがネガティブ発言といっても先日の話が何も変わっていないという事であり、落ち着けば戻るタイプだという気がします。問題はどこから狙うのかですが、昨日、ストップ安してたけん引型仕手株が意外にこの市場の方向性を持ってたりします。

6981村田製作所、3927フーバーブレイン、6758ソニー


一覧へ戻る