源太塾

大岩川源太の投資教室 | 源太塾セミナー 情報取引所 | 源太チャート |
大岩川源太の源太塾メール | 源太LIVE | 源太のとれとれTV

会員登録/ログイン

メールアドレス

パスワード

源太塾メールとは?


<運営会社>

株式会社MassFactory

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町 1-2-12 WARMLIGHTビル3階

TEL:03-4520-5041 FAX:03-4520-5041

E-mail:info-j@asset-jp.jp



<注意事項>

本ホームページは、あくまでも情報提供を目的としたもので、投資その他の行動を勧誘するものではありません。
掲載された情報の完全性、正確性について、弊社はなんら保証はいたしません。
本ページ情報に基づいて投資を行った結果、何らかの損害が発生した場合でも、弊社は一切責任を負いません。
いかなる情報においても、投資にかかる最終決定は、投資家ご自身の判断でなさるようお願いします。
また、本情報の内容は、予告なく変更・削除される場合がありますのでご了承下さい。

お知らせ2018年11月21日 15時46分: 引け後の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 11時57分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月21日 07時01分: 朝の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 12時04分: お昼の講義が入っております。
お知らせ2018年11月20日 06時56分: 朝の講義が入っております。

大岩川源太の投資教室 07月11日 06時57分

勉強
今週は今後の交渉もあるから米国はトーンを落とすという話をして来て、その反発が市場はあると予想。基本は合ってれうと思うのですが、亜他ttれるというのに拘る多くの識者が外れたその前の事を忘れています。昨日、ラジオに出ながら思ったのは「これから上がるんですか?」「下がるんですか?」の決めつけた問いが多く、そうした物ではなく、「こういう場合は下がる」「こういう時は上がる」という考え方がなぜできないのかと思うんですよ。

確かに下がると予想していたとしても「この株式は大丈夫」と思った物が実際下がって迷惑をかけたんですし、その事を忘れて下げを「当たった」と言われても間違ったのは事実。そして、予想と題した物も一番近い形のチャートに合わせて話したら、当たっているんじゃなく、似たものを探しているに過ぎなく、暴落前に推奨した物が半値になってから反発当てても、まだまだ、7割しか解決してなく、当たったとは言えないんですよね。

そういう時に「上下」を論ずるよりも、こういう条件で上、こういう条件で下、と良い分析が必要で、明日がおかしくなるんじゃなく、明日はこの市場の焦点である、ファーストリテーリングという指数に関係の深い決算や、設備投資に関係の深い安川の決算なんです。だから注意であり、そういう考え方を今しないと下手になるんですよ。

3441山王、1926ライト工、6768タムラ


一覧へ戻る